植物を育てている際の熱湯の使い方について

植物を育てている場合にあげるのは基本的には水ですが、実は熱湯を使う有効利用があることはご存知でしょうか。

そこで、植物を育てている際における熱湯の使い方について解説していきます。

スポンサーリンク
gardening-studyレクタングル大

目次

植物に熱湯なんて使えるの?

植物を育てるにあたって、特に初心者の人はネットや園芸本など様々なところから情報を仕入れるかもしれません。

その中で、熱湯を利用するという情報があったら不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

当然ですが、熱湯を植物に水の代わりに与えたら、それこそ火傷をしてしまい枯れる原因となってしまうと言えます。

それなのになぜ、植物を育てる際に熱湯を利用すると良いのか気になるところです。

植物を育てるにあたって、どのように熱湯を利用するのでしょうか。

熱湯の上手な使い方とは?

これから植物を育てようと考えている人にとって、熱湯を使うのが良いと言われてもいまいちぴんと来ないかもしれません。

当たり前ですが、植物の水やりに熱湯を使うわけではないのは、何となくわかるかと思われます。

では、どんなことに利用するのかというと、雑草対策に良いとされているのです。

鉢植えやプランター、庭など様々なところに植物を植えているとどうしても雑草が生えてしまうことがあると言えます。

少量であれば摘み取ってしまえば問題ないですが、庭などの面積の範囲が広い場合には、なかなかすべての雑草を取りきるのは難しいでしょう。

その際に、除草剤などの代わりに熱湯やゆで汁をまくことで雑草を枯らすことが出来るのです。

植物を育てる上で熱湯を利用するメリットとデメリット

育てている植物の周りに生えてきた雑草の除草に、熱湯を利用するのが良いとされていますが、当然メリットがあればデメリットもあるとされています。

まず、メリットで考えられることとしては、化学肥料を使うことなく雑草を除草できるため環境に優しいことです。

また、除草剤を買わなくても家で熱湯を作るだけで除草剤となりますので、コストの削減になると言えるでしょう。

デメリットとしては、まき方を考えないと土の中の微生物や植物に良いとされている土壌細菌なども殺してしまうため、土が悪くなる可能性があるということです。

その他には、雑草の表面だけにまいて枯れさせたとしても、根まで枯れさせないことにはまた生えてくるかもしれないというのもデメリットと言えます。

そのため、熱湯を利用する際にはメリットとデメリットのどちらを優先すべきかで考えていくのが良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク
gardening-studyレクタングル大

gardening-studyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする